みました「堕天使のパスポート」

日比谷シャンテで観てきました。
金曜だが、意外と入っていました。5割ぐらいの入りかな。
序~中盤にかけては、終盤に向け、コツコツとストーリーが流れていく。
終盤、オチは「よかった、よかった」と思うところ半分、悲しい現実半分というところ。
(あくまで、普通にとらえての意見)
観終わっての感想としては、荒廃するロンドン、英国の暗い感じと、これから新しい人生を歩みだす主人公ふたりに感じる抑揚感といったところでしょうか。
トゥトゥもなかなかだったかと思う。
最近ワーナーなどの首まである背もたれのイスに比べ、日比谷シャンテのイスは肩ぐらいまでしかなく、観ている途中、首が疲れてきてしまった。
[PR]
by v4r2m0 | 2004-08-21 20:32 | 映画鑑賞レポート
<< トーク・トゥ・ハー(talk ... 堕天使のパスポート >>