幸せになるためのイタリア語講座


2000年、デンマークの作品。yahooのレビューはこちら
派手さはない。それがいかにもすぐ身近に起きている出来事のような、親近感を感じる作品でした。yahooレビューにもあるが、好き嫌いがでる、退屈と感じてしまう人もいるようだ。私は嫌いじゃない。主人公たちは、皆何かしたらの弱み、痛いほどの弱さを抱えているが、そんな人たちがイタリア語講座を通じて、つながっていく。ヨーロッパの人々(映画はデンマーク)もやはり日本人がイタリアに感じる美点、一度は行ってみたいと感じていることがよく分かる。私も映画を見てて、イタリア語を、勉強、話してみたいと、旅行してみたいと感じました。

自宅、DVDにて。
[PR]
by v4r2m0 | 2004-12-19 20:21 | 映画鑑賞レポート
<< 世界でいちばん不運で幸せな私 東京ワンダーホテル >>