かげろう

少し記録が遅くなってしまったが、'04年の年末にDVDにて鑑賞しました。
ストーリーとして印象的な所は少ないかも、、。第2次大戦、独軍のパリ進駐にともない疎開の途中に出会ったこぶ付き未亡人(エマニュエル・ベアール)、息子とまだ幼い娘の家族と青年との出会い。誰も居ない村、留守中の家で生活を始め、そこでの出来事をあっという間の出来事として描いていく。そして、、、。
でもなぁ~。なんとも描き切れていないような。ちょっと散漫としているような。あまり二人の関係に関して、理解・納得できないのは私だけだったのでしょうか!?
yahooのレビュー
[PR]
by v4r2m0 | 2005-01-15 02:00 | 映画鑑賞レポート
<< ターミナル In The Cut イン・ザ... >>