「悲しみよ こんにちは」

風邪で外出できないこともあり、自宅で鑑賞しました。
何故観たかというと次の2つからの理由からというのが大きい。
1つ目として、原作が昨年亡くなったフランソワーズ・サガン。亡くなったと言うニュースを聞いて、観ようと思っていましたが、今日やっと見ることができました。
そして、主演ジーン・セバーグということ。「勝手にしやがれ」を観たときにちょっと気になっていたのと、パリのモンパルナス墓地で彼女の墓を訪れたこともあり、気になっていました。お墓自体を訪れたのは、同行した友人に単に連れられてといった感じだったのだが、。
amazon:フランソワーズ・サガンの悲しみよこんにちは
はてなダイアリー:フランソワーズ・サガン
[PR]
by v4r2m0 | 2005-02-05 18:34 | 映画鑑賞レポート
<< JESSY発見 横浜 中華街 シュウマイ購入a... >>