レジェンド・オブ・アロー~ロビンフットの娘~

超B級と最初から思ってみたので、あまりがっかりということはなかった。
ただ、わざわざ観なくても一向に構わないような作品。
分かりやすく言うと水戸黄門のようなもの。最後は正義が勝つ。ただそれだけ。
別に水戸黄門の一話を見逃しても問題のと同じ程度。
唯一の売りは主演女優のかわいらしさぐらい。
最後になんで私が観たかというと会社でNHKの夜中に放送していたのを見た人がいて、そのなんてB級なタイトルなんだろうという話から、中身もB級かを確認するためだけでした。

ぽすれん
[PR]
by v4r2m0 | 2005-03-29 23:48 | 映画鑑賞レポート
<< ドリーム・キャッチャー French Conectio... >>