クジラの島の少女


DVDで観ました。
なかなかでした。予想以上。
舞台はニュージーランド、マオリ族。過疎化に伴い、活気を失った町、村。
伝統に則った踊り、儀式などはすごく新鮮に映りました。映像の綺麗さもそういった印象を強くしているのかと思う。クジラ自体に関しては、最後に時間的には少し短い気もしたが、おおとりとして現れてきました。
よって、クジラよりも、主人公の少女、父、祖父母、新たな家族、村の人々、最後には村に活気が戻ったか!?と思わせるエンディング。
監督もそんな村の全体、望みなどを表したかったのかと思うが、その意図の通りではなかったかと思います。
Yahoo映画 作品詳細・レビュー
[PR]
by v4r2m0 | 2004-09-23 21:48 | 映画鑑賞レポート
<< めまい(VERTIGO) ヒッ... MotoGP玉田優勝&中野3位... >>