めまい(VERTIGO) ヒッチコック作品

作成年度:1958年だそうです。
成金泥棒に続いて、ヒッチコック作品2つ目の鑑賞です。
サスペンスということだけの情報をもとに、見たのですが、劇中はそんな雰囲気は感じませんでした。TVの火曜サスペンスほどではないにしろ、途中途中に事件等が起きてくるのかという先入観があったので、、。
ただ、最終にかけては、その普通に観ていた箇所が「実は・・・・だった」というな感じでのネタばらし、になってくる。最後の最後は予想外だったし。
面白かった。話の捻り具合が丁度いんでしょうかねぇ。
これだけヒッチコックが有名な理由が頷けた一本でした。
[PR]
by v4r2m0 | 2004-09-23 22:02 | 映画鑑賞レポート
<< ホロコースト、ユダヤ人、ナチス クジラの島の少女 >>