カテゴリ:映画鑑賞レポート( 38 )

本日観ました「エターナル・サンシャイン」

観てきました。
途中で展開が切り替わるのだが、それが観ている最中はよく分からなかった。
観終わった後に、そういったところが把握できてきて納得できる。
そういった意味でストーリーはよく練られているかと思う。その辺の理解度を高めるためにも2度観てみようかなと思いました。
でもファンタジー?空想?的な要素も入っているいるのかと思うので、あまり深く考えない方がいいのかな??
エターナル・サンシャイン 結構評価高いみたいだ
[PR]
by v4r2m0 | 2005-04-09 23:18 | 映画鑑賞レポート

ドリーム・キャッチャー


これもロビンフッドと同じように会社でB級映画という話からあがった作品。
ある人は酷評していたが、まぁボチボチって感じでした。
制作費はかかっていそう。yahooのレビューも結構採点低いですね
[PR]
by v4r2m0 | 2005-03-29 23:51 | 映画鑑賞レポート

レジェンド・オブ・アロー~ロビンフットの娘~

超B級と最初から思ってみたので、あまりがっかりということはなかった。
ただ、わざわざ観なくても一向に構わないような作品。
分かりやすく言うと水戸黄門のようなもの。最後は正義が勝つ。ただそれだけ。
別に水戸黄門の一話を見逃しても問題のと同じ程度。
唯一の売りは主演女優のかわいらしさぐらい。
最後になんで私が観たかというと会社でNHKの夜中に放送していたのを見た人がいて、そのなんてB級なタイトルなんだろうという話から、中身もB級かを確認するためだけでした。

ぽすれん
[PR]
by v4r2m0 | 2005-03-29 23:48 | 映画鑑賞レポート

French Conection Part1、2 観ました

パート1では、悪役ボスはフランス・マルセイユからニューヨークへ麻薬取引にやってくる。最後の最後で刑事に追い詰められるも、なんとか逃げきる。そしてパート2では、マルセイユを舞台に移して、刑事vs悪役との壮絶な戦いが始まる・・・。最終的には正義が勝つのではあるが、決してスカッとするわけではない。あくまでも、ドロドロとした感が残る。製作者の狙い通りなのか、どうかは分からないが、、。

[PR]
by v4r2m0 | 2005-02-26 16:11 | 映画鑑賞レポート

「オペラ座の怪人」観たよ

前売り券を買ってあって、もう待ちに待っていました。
歌う、歌う、やはりこういうのは映画館で観るのがGOODですね。迫力を感じることができました。ついでに、サントラまで買っちゃいました。もうここのところ、The Phantom of the OPERA、一色でございます。
[PR]
by v4r2m0 | 2005-02-26 15:59 | 映画鑑賞レポート

「悲しみよ こんにちは」

風邪で外出できないこともあり、自宅で鑑賞しました。
何故観たかというと次の2つからの理由からというのが大きい。
1つ目として、原作が昨年亡くなったフランソワーズ・サガン。亡くなったと言うニュースを聞いて、観ようと思っていましたが、今日やっと見ることができました。
そして、主演ジーン・セバーグということ。「勝手にしやがれ」を観たときにちょっと気になっていたのと、パリのモンパルナス墓地で彼女の墓を訪れたこともあり、気になっていました。お墓自体を訪れたのは、同行した友人に単に連れられてといった感じだったのだが、。
amazon:フランソワーズ・サガンの悲しみよこんにちは
はてなダイアリー:フランソワーズ・サガン
[PR]
by v4r2m0 | 2005-02-05 18:34 | 映画鑑賞レポート

ドグマ95 「幸せになるためのイタリア語講座」

トラックバックさせて頂きます。
ドグマ、これはこの映画をどれだけ意味、解説できるのかなぁと思っていました。良し悪しについては、inusukefromtokyoさんもお書きの通りかと思う。ただあまり映画だからといった肩張ったストーリー、映像、舞台ではない、ごくごく普通の人たち(例えば、私みたいに単なる一般人)でも起こりうる、ありえそうな普通の日常生活のレベルという作品がもっとあってもいいと思うのだが、、、。
「幸せになるためのイタリア語講座」(2000)~恋は憧れのイタリアにある
[PR]
by v4r2m0 | 2005-01-16 09:44 | 映画鑑賞レポート

ターミナル

そうそう、キャサリン・セタ・ジョーンズの意味はなんだったんだろう。
ターミナル
[PR]
by v4r2m0 | 2005-01-16 09:34 | 映画鑑賞レポート

ターミナル

これまた少し時間がたってしまったが、久々に映画館にて鑑賞。
決して「面白くない」ということはないのだが、決して「印象的、心に残る」映画ではなかった。トム・ハンクスがそつなく、不可もなく演じているが、それ以上でもなく、それ以下でもない。別に悪くないけど、捻りなり、ユーモアなり、斬新さをより求めてほしい。私としては。
飛行機の機内で観る、暇つぶしとしては充分なレベルかと思います。頑張れ。
yahooのレビュー
[PR]
by v4r2m0 | 2005-01-15 02:05 | 映画鑑賞レポート

かげろう

少し記録が遅くなってしまったが、'04年の年末にDVDにて鑑賞しました。
ストーリーとして印象的な所は少ないかも、、。第2次大戦、独軍のパリ進駐にともない疎開の途中に出会ったこぶ付き未亡人(エマニュエル・ベアール)、息子とまだ幼い娘の家族と青年との出会い。誰も居ない村、留守中の家で生活を始め、そこでの出来事をあっという間の出来事として描いていく。そして、、、。
でもなぁ~。なんとも描き切れていないような。ちょっと散漫としているような。あまり二人の関係に関して、理解・納得できないのは私だけだったのでしょうか!?
yahooのレビュー
[PR]
by v4r2m0 | 2005-01-15 02:00 | 映画鑑賞レポート